EDと早漏の味方スーパーカマグラ

スーパーカマグラに含まれるシルデナフィルとダポキセチンについて詳しく解説!

スーパーカマグラとは

スーパーカマグラとは

スーパーカマグラとは、ED治療薬として有名なバイアグラと同じ成分である「シルデナフィル」と、早漏治療薬として広く利用されているダポキセチンの2つの有効成分を配合した医薬品です。
早漏症の人はEDになりやすく、EDの人は早漏症になりやすいと言われていますが、その悩みを1つの薬で改善できる画期的なお薬として人気を集めている商品です。
ここでは、その2つの有効成分「シルデナフィル」と「ダポキセチン」について詳しく解説していきます!

バイアグラとは

バイアグラは世界最大規模の製薬会社であるファイザー社が、世界で初めて開発したED治療薬であり、世界各国でとても高い人気を誇るもっとも有名なED治療薬のひとつです。
EDという言葉を知らない人でも「バイアグラ」を耳にしたことのある人は多いのではないでしょうか。
日本でも1999年の販売開始以降、ED治療のできる夢のような薬として大変人気の商品です。
バイアグラの成分の特許が2014年に切れた事を機に、日本でも10社近くの製薬会社から商品価格を抑えた「ジェネリック医薬品」が販売されています。
スーパーカマグラも、このバイアグラのジェネリック医薬品にあたります。

プリリジーとは

プリリジーとは、世界で初めて早漏の治療の内服薬として認められたお薬です。
日本ではまだ認可されておりませんが、ヨーロッパをはじめ約60カ国で認可がおりており、そのうちの30カ国で処方・販売がされています。
主な有効成分はダポキセチンです。
その成分はED治療やくとして有名なバイアグラのように、早漏症の治療に革命を起こしました。
というのも、このお薬が開発される以前、早漏症の治療というのは手術や皮膚麻酔注入しか方法がなかったからです。
性交渉の約60分~3時間ほど前に服用することで、射精までの時間を延ばすことができます。

シルデナフィルの効果

バイアグラをはじめとするED治療薬の有効成分として配合されている成分です。
服用後、約1時間ほどで効果が出始めて、個人差がありますが3~6時間その効果が持続するといわれています。
血流を促す作用により、勃起を促す効果があります。

ED治療効果

ED治療薬としては通常50mgを性交渉の約1時間前に服用します。
日本では50mgまでの処方となっていますが、海外では100mgまで承認されています。
シルデナフィルは、食事の内容に大きく影響を受けてしまうので飲むタイミングとしては空腹時がベストです。
カロリーの高い、脂っぽい食事はお薬の効果が半減してしまうので、シルデナフィルを飲む際はできるだけ取らないのが無難です。
また、アルコールの摂取量にも注意が必要です。アルコールにはリラックス作用があり、ED治療には効果的な場合もありますが、量が多いと体の感覚を鈍らせてしまい、勃起させる神経も麻痺してしまいます。
空腹でお酒も飲んでいない状態でシルデナフィルを服用する事が一番効果が期待できます。

狭心症

実はもともとは、シルデナフィルはED治療の為に作られたお薬ではなく狭心症の治療の為に開発されたお薬でした。
狭心症の治療薬として臨床心理士や研究が重ねられましたが、満足のいく結果がでなく研究・試験が中止されました。
試験終了により、被験者からお薬を回収しようとしたところ、多くの被験者が出し渋った為、調査をするとこれを飲む事で勃起を促す効果があることが判明しました。
この思わぬ副作用により、狭心症の薬ではなく、ED治療の為のお薬として研究が進められました。
その研究の結果、世界初のED治療薬としてバイアグラが発売されたのです。
このバイアグラがアメリカで爆発的なヒット商品となり世界中に広まっていきました。

作用機序

勃起には「中枢性勃起」と呼ばれる心理的な要因で起こるものと「反射性勃起」と呼ばれる物理的な刺激で起こるのもも2種類があります。
中枢性勃起は視覚や聴覚、嗅覚、想像力が刺激されて起こります。
反射性勃起は、振動による衝撃やペニスに触れるなどの物理的な刺激により起こる勃起です。
神経・脳・血管・海綿体の4つが正常に機能していないと正常な勃起はおこりません。
興奮し、脳が刺激を感じると、その刺激が神経に伝達されます。そしてそれがペニスに伝わって勃起が起こるとうわけですが、勃起不全の人は、勃起を鎮めるPDE5という酵素が多く分泌されていることにより、勃起を持続することができず、すぐに萎えてしまいます。
シルデナフィルの有効成分「クエン酸シルデナフィル」がその酵素の作用を抑えることにより、勃起と持続を助ける働きがあります。

ダポキセチンの効果

ダポキセチンは、早漏症に最も効果がある医薬品として治療に利用されています。
これまで、早漏症は手術や皮膚麻酔注入でしか治療ができなかったのですが、このダポキセチンの登場により、早漏症の治療が手軽に行えるようになりました。
副作用も少なく、安全な治療薬として世界中で愛用されています。

早漏改善効果

早漏症には、脳内物質のセロトニンが大きく関係しています。
このセロトニンの分泌量が少なかったり、アドレナリンが異常に分泌される事で射精がうまくコントロール出来なくなる事が原因と言われています。
ダポキセチンはこのセロトニンの分泌を助ける作用があり、これが早漏の改善に役立っています。

ダポキセチンの他に早漏に効果があると言われるお薬に抗うつ剤のパキシルがありますが、約16%の患者さんにしか効果がなく早漏症の改善にはあまり期待できませんでした。
しかしダポキセチンを服用する事で、約75%の早漏治療の患者さんに効果があったとの報告があります。
このことから、ダポキセチンには高い早漏治療の効果があることが期待できます。
また、ダポキセチンを定期的に服用する事で、射精までの時間が延長できる効果も認められていますので、性交渉の際に、継続的に服用することで早漏症の改善効果が期待できます。

抗うつ剤

ダポキセチンは、もともとうつ病の治療薬として開発されたものでした。
うつ病の原因に脳内のセロトニンの分泌量の不足というものがあり、そのセロトニンを増やす目的でダポキセチンが治療に用いられてきました。
うつの治療の際に、ダポキセチンを服用していたうつ病の患者さんに射精時間が延長される効果が認められ、早漏症の治療薬として研究・開発が進められました。
今では、ヨーロッパをはじめ世界各国で承認され、早漏症の治療薬として安全性の高い医薬品として知られています。
現在、国内では未承認のお薬ですが専門のクリニックなどで処方が許可されています。

作用機序

先に記述したように、早漏症は脳内のセロトニンの分泌量の不足やアドレナリンが過剰に分泌される事でセロトニンの分泌が追いつかない事が原因で起こります。
アドレナリンはストレスに反応して増加します。
性交渉に対する不安がさらにアドレナリンを多く分泌させてしまうので、セロトニンの働きが追いつかずに早漏となってしまうのです。
ダポキセチンには、脳内の異常な興奮を抑えるセロトニンの働きを助け、アドレナリンの過剰な分泌を抑える事で射精までの時間の延長する効果があります。
効果には個人差があるのですが、射精時間が最大で3~4倍に延長され、ダポキセチンを60mg投与した患者には4倍以上の効果が現れたそうです。
継続して服用する事でより、早漏の改善効果が認められています。

まとめ

勃起をサポートする事で自信を持たせてくれるシルデナフィルと、精神を安定させ、興奮状態をうまくコントロールする事ができるダポキセチン。
この2つの成分を配合したスーパーカマグラにはEDも早漏も同時に改善する事ができる画期的なお薬です。
スーパーカマグラは開発されたばかりで、早漏の治療の比較的新しい治療薬ですが、その効果から世界中でも絶賛される人気のお薬となりました。
このスーパーカマグラで、早漏の改善、克服したという方が数多くいらっしゃいます。
もし悩んでいるのなら、一度試してみませんか?