EDと早漏の味方スーパーカマグラ

EDと早漏について詳しく解説!治療薬もご紹介

EDと早漏は併発します

EDと早漏は併発します

実はEDと早漏は関係性があり、EDで悩んでいる人は同時に早漏にも悩んでいるという人が多くいます。
この2つが併発する事は広く認められて、EDの3人に1人が早漏症であると言われています。
EDの方の多くは勃起を維持する時間が短くなってしまい、それを維持する為に強い刺激が必要とされるので、維持させようとより強く刺激しようとする事によって、結果的に射精までの時間が短くなってしまいます。
また、維持ができない焦りや不安などのストレスが早漏を併発させている可能性が高いと考えられています。
この場合、EDのを改善することが早漏の改善にも繋がります。
ED治療薬で勃起した状態を維持させる事で、早漏の原因である不安や焦りを拭い去る事で早漏の改善も期待できるからです。
男性機能は精神的なものに大きく影響すると言われています。
どちらかひとつではなく、EDも早漏もどちらも治療することで精神的な要因を取り除き、悩みが改善されていきます。

EDとは

EDとは「勃起不全」の事で何らかの原因で男性の勃起機能が低下する事をいいます。
ペニスに十分な血液が流れ込まなくなった状態の為、性的な刺激を受けても、それがうまく伝わらなくなります。
生活パターンやストレスが原因で起こる場合もあり、年齢には関係なく発症する可能性があります。

心因性ED

年齢に関係なく、誰にでも起こりうるのが、現実心因性EDです。
この心因性EDは大きく分けて2つに分類されます。

  • 現実性心因
    日常生活のストレスが原因で起こるEDです。
    睡眠不足、疲れが溜まっているといった身体のストレスや、性や外見に対してのコンプレックス、結婚生活がうまくいかない、経済的なストレスがある といった、自分自身でも原因がわかるような場合が現実性心因にあたります。
    この場合、薬の服用や、カウンセリング等の治療により治せる事がほとんどです。
  • 深層心因
    日常的には特別なストレスは感じていないものの、性的トラブルや幼少期の体験など、過去の心の深いところにあるキズが原因となる深層心因です。
    この場合、自身では見当がつかない事が多く、その原因の特定までに長い時間が必要な為、治療が難しいケースが多いようです。

器質性ED

病気の影響で神経や血管に損傷が及ぶ事によりEDとなるのが器質性EDです。
その症状やそれによってEDになってしまった情けなさや不甲斐なさ等がストレスになり精神的な要因も合わさってEDを引き起こしてしまっている状態です。
この混合性EDは、精神的な要因と器質的な要因の2つが合わさっている為、その2つを治療していく必要があります。
混合性EDのきっかけになる病気に、糖尿病・腎不全・泌尿器科的な疾患があります。
ほかに、事故などによる外傷や手術が原因でEDを起こしてしまうこともあります。

混合性ED

混合性EDは俗にいう【機能性+器質性】に分けられます。

今までは、EDの半分以上が機能性(上記の心因性)とも考えられていた中で、診断法が進歩していくとともに、どちらかと言えば、器質性のタイプが多い事も判明しています。
これは、自信の心理的、精神的な影響が原因の勃起不全と体の機能に異常や障害が要因となって、勃起に至らない、この二つの原因や要因をあわせもつものが、混合性EDと言われています。ただ、複数の原因や要因があるため、特定するのは困難と言われています。

薬剤性ED

他の病気の治療の為に服用しているお薬の副作用が原因で引き起こされるのが薬剤性EDです。
この原因となるお薬として、抗うつ薬や降圧剤、消化器官に作用する薬などがあります。
薬剤性EDは素人では判断が難しいため、心因性EDや加齢、身体、精神疾患が原因だと疑う人が多くみられるようです。
この薬剤性EDは、常用している薬の服用を止めると症状が良くなっていく事がほとんどです。
しかしながら、やはり個人差があるので症状の改善には時間がかかる人も中にはいますし、自己判断で常用薬を中止してしまうのは危険です。
かかりつけの医師に相談したり、ED専門のクリニックを受診してみましょう。

加齢によるED

年を重ねるとEDの症状が出てくることも多いのですが、これは年齢があがると神経や血管に様々な障害が起こるためです。
特に、動脈硬化が原因で起こる血管の障害がそのひとつです。
加齢によるEDは避けられないものの、中高年になっても勃起機能を保つために、普段からその原因となりうる病気の予防や生活習慣などに気を付ける事が大切です。
実際に、80歳を超える方でも健康に問題がなけれED治療は可能です。
年齢のせいだとあきらめる前に、まずは医師に相談してみましょう。

早漏とは

早漏とは、性交渉の際に射精コントロールできず、本人の意思に反して極端に短くなることを言います。
射精がコントロールできない事をストレスに感じている状態の事で男性機能不全にあたります。
早漏は性機能障害の約30%を占めるといわれていて、男性の性生活の不充実から医師による治療が必要な場合もあります。
ほとんどの場合が、身体には問題はなくセックスにや身体に対するコンプレックスや不安な気持ち、焦りなどからくる精神的なストレスが原因となります。
性経験が乏しい場合も起こりやすくなりますが、この場合は慣れるにしたがって改善していきます。
早漏はEDを併発している事が多く、EDを治療する事で自信が付き早漏の改善にも期待が持てます。

スーパーカマグラは早漏とEDを同時に改善できる治療薬

EDと早漏の原因について説明してきましたが、どちらか一方を発症するとそのもう一方も発症してしまうというような関係性があります。
その2つの症状を一度に改善できるお薬が「スーパーカマグラ」です。
スーパーカマグラには「シルデナフィル」と「ダポキセチン」の2種類の有効成分が配合されています。
有効成分「シルデナフィル」には勃起を抑える酵素を阻害する事により、血管を拡張させ、血流を促す事により正常な勃起とその持続をサポートする働きがあり、「ダポキセチン」には焦りや不安で増加したアドレナリンを制御するセロトニンの量を増やす作用があります。
セロトニンが増える事で精神が安定し、勃起とそれを持続させる効果があるので早漏の改善が期待できます。

まとめ

EDと早漏は併発する可能性が高く、改善にはどちらも治療しなければなりません。
EDには「シルデナフィル」、早漏には「ダポキセチン」が効果的で、この2つを治療に用いる事で早期改善が期待できますが、どちらも購入するとなると治療費もそれだけかかってしまいます。
スーパーカマグラなら、この2つの成分が配合されているので、複数の錠剤を飲む必要がなく、薬をたくさん飲むのに抵抗のある方もそのストレスを軽減できるでしょう。
また、ジェネリック医薬品なので治療にかかる費用を抑える事が可能です。
スーパーカマグラは開発されたばかりの比較的新しいお薬ですが、EDにも早漏にもどちらにもアプローチできる治療薬として世界中で人気を集めています。